水のトラブルが発生したら!チェックしたいポイントや修理業者選びなどについてご紹介

当サイトでは水のトラブルが発生したらチェックしたいポイントや、修理業者選びなどについてご紹介しています。
もし家庭で水まわりのトラブルが起きたときには、上水道や下水道それぞれの専門業者に相談して解消するのがおすすめです。
早く確実に問題解決をすることができるでしょう。
水道に関するトラブルが起きて修理を依頼する場合には、料金よりも優先したいのが信頼性です。
安心して依頼できるような信頼感のある業者に頼むことをお勧めします。

水のトラブルが発生したら!チェックしたいポイントや修理業者選びなどについてご紹介

水のトラブルが発生したときには慌ててしまう人は多いのではないでしょうか。
しかしそのような場合には落ち着いて、どこにトラブルが起きているのかをしっかり確認することをお勧めします。
そして水のトラブルを業者に依頼して直すなら、住まいの地域の指定を受けている工事事業者を選ぶことが大事です。
また修理依頼する際には、複数の業者に見積もりを出してもらいます。
その後それぞれを比較して納得して依頼できる修理店を選びます。

水のトラブルを疑うなら水道メーターをチェック

特に戸建て住宅の場合は、水のトラブルが意外な場所で発生してしまうことがあり、例えば蛇口や給水管、排水管など見える位置から水漏れが起きている現象であれば水のトラブルが起きていることは一目瞭然です。
トイレもバスルームも同じように目視で点検を行えるので大きな問題にはなりませんが、夜間に寝ている間にどこかでシューという音が気になり出したり、水道料金が急に高くなっているような住宅では、見えない位置でトラブルが起きている可能性が高まるので、住宅内の全ての蛇口を閉めてから、水道メーターを確認することで漏れていることを理解することができます。
この現象は古い世代に建てられた住宅で起きやすい傾向にあり、その根拠は鉄製の水道管を使っていることです。
このタイプは錆が出てしまい腐食が進むことにより穴が開いてしまうことで水漏れを起こしているケース、配管同士の接続箇所が腐食していることで起きているケースに分かれます。
対応策は、この機会に全ての配管を最新の樹脂管へと交換することで今後は長く水のトラブルから解放されます。

目に見えない箇所でも発生する水のトラブル

蛇口や排水口といった目に見えるところだけでなく、普段目にしない箇所でも発生するのが水のトラブルの厄介な点ではないでしょうか。
よくある水のトラブルはパッキンの劣化による水漏れで、パッキンを交換すれば解決する軽微な問題です。
一方で困るのは設備の老朽化によって発生する、壁内部の配管からの水漏れや周辺の劣化です。
赤水など配管の劣化に気がつく兆候があれば別ですが、赤錆が発生しないプラスチック管だと、赤水が出ないので配管の問題に気がつくのが遅れます。
内部で配管が外れるというような問題は滅多に起こりませんが、地震の影響で目に見えない箇所に水のトラブルが発生することは十分にあり得ます。
揺れの直後は特に問題が見られなくても、経時的に少しずつ水のトラブルが表面化することは珍しくないです。
時間差による水漏れも厄介ですが、地震がなくても設備は劣化したり水漏れなどのリスクが高まるので、目に見えないところも含めて定期的に点検することが大事ではないでしょうか。

水のトラブルを発見したら止水栓を閉める

トイレやキッチンなどで水のトラブルを発見したら、近くにある止水栓を閉めましょう。
水漏れなどを発見すると慌ててすぐに水道修理業者に連絡する人もいますが、止水栓を閉めると水道の流れは止まります。
慌てて水道修理業者に連絡すると、料金や口コミの比較ができず悪質な業者に依頼する可能性が高まり、深夜なら高額な追加料金を支払うこともあります。
一度水を止めて考える時間ができれば、優良な水道修理業者に水のトラブルの相談が可能となり、朝になってから連絡すれば追加料金を支払う必要もありません。
水漏れなど水のトラブルの被害も一時的に食い止められれば、落ち着いてから対処法を考えられます。
閉め方はハンドルタイプの場合は蛇口のように回すだけ、内ねじタイプはマイナスドライバーを使って開閉します。
基本的には水のトラブルが発生する水道施設の近くにあるので、日頃からある場所や閉め方を覚えておけば、緊急時にも慌てずに行動可能です。

個人で修理可能な水のトラブルの症状

水のトラブルには専門的知識と道具が必要になりますが、症状によっては個人でも修理できる範囲はあります。
つまりを事例にすると、ホームセンターで販売されているラバーカップや真空ポンプを利用して直せる場合と、針金ハンガーをhどいて直線状に伸ばし排水口内へと異物を分解させる直し方も個人でも行える範囲です。
蛇口周りからの水のトラブルでは、大きなプライヤーやドライバーがあれば、蛇口を分解してゴムパッキンを新しく交換することも可能です。
トイレで起きてしまう水漏れの場合、給水タンク付きのトイレであれば、蓋を開けてタンク内を点検した際に、浮き球に穴が開いていたり、チェーンが絡まっているような問題が見つかれは、交換や簡単な手作業で済ませられます。
給水管と排水管の水のトラブル内容で、接続部分に緩みが出ていることで水漏れを起こしている症状であれば、そのまま工具で締め直しをする方法で簡単に修理はでき、工具は六角レンチがあれば決して難しい範囲ではありません。

著者:宮地康文

筆者プロフィール

栃木県小山市生まれ。
地元で水道修理の業者を運営中。
水トラブルについてネットで記事を書いています。
お風呂修理